本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。


0000速読の無料レポート

  

著者は、日本人の平均読書スピードの、
7倍以上の速さで文章を読むことができます。

著者には毎日のように、
速読についての問い合わせが届くそうです。

これまでに累計で、30,000件近くのお問い合わせがあったそうです。

尋ねられる質問は、
「速く読んでも、本当に文章の意味を理解できるのですか?」
というものです。

速読をマスターするというのは、どういうことなのでしょうか?
そのことを、この無料レポートが解説してくれます。

このレポートでは、
速読のエッセンスとも言うべき、
「もっとも大切な、速読の2つのポイント」
について解説されています。

速読は、特別な才能のある人にしかマスターできない、
ということはありません。
だれでも、速読をマスターすることが可能です。

ダウンロード⇒ http://www.muryoj.com/get.php?R=190&M=1047

  

無料レポートの内容の善し悪し、概略を
一瞬のうちに、把握できる魔法の速読術です。

この方法で速読すると、約10分の1の時間、
20ページは約2分、50ページでも約5分で
本格的に、じっくりと読むべきレポートか、
ゴミ箱へ捨てるものかの判断がつきます。

タイトルと、説明文と、コンテンツ(内容)が違ったー
と頭にくるような、無料レポートが多いのも事実です。

そんな時の無駄を少しでも省くコツ
そんな怒りを少しでも、無くす魔法のコツがあります。

少ない時間で効率的に、お役立ち情報をみつけましょう。

ダウンロード⇒ http://www.muryoj.com/get.php?R=1005&M=1047

【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら