本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




これで絶対読み解ける!TOEIC TEST速読速解リーディング |ジョセフ フィリップス

これで絶対読み解ける!TOEIC TEST速読速解リーディングこれで絶対読み解ける!TOEIC TEST速読速解リーディング
ジョセフ フィリップス
学習研究社 刊
発売日 2001-06
価格:¥1,680(税込)




TOEICリーディング問題の総合学習入門書 2004-02-11
私は某所にて、著者のTOEIC受験対策コースを受講したことがあります。的確な傾向性の分析と、日本人が間違えやすい引っかけ問題の特徴などを著者は把握されており、本書にもその分析が生かされています。全体を7つのラウンド(回)に分け、各回においてTOEICテストの最後に出るようなリーディング問題のみならず、文法問題、スピード・リーディング・トレーニング(速読の時間計測による実力の変化を計る)などを盛り込み、各回が飽きずに学習できるようになっています。要するにこの本はTOEICの文法・リーディングのセクションの総合学習ができる構成となっています。それほど厚い問題集ではないため、これだけで文法・リーディングの勉強や弱点のカバーを仕切れるわけではありませんが、リーディング問題のサンプルは本当のTOEICに近く、また出題されているパッセージの書体やレイアウトに変化があり、こだわりがあって本当のテストを受けているようです。
TOEICを受け始めた、初級~中級者にはお勧めです。ただ実際のTOEICテストで、リーディング・パートの最後の方が時間が足りずに終わってしまうような方が、本書でリーディングパートを完答できるようになるかというと、これ以外にももっと長文を読み込む必要があると思います。また、TOEICを受験できないアメリカ人の方の著作であるためか、この問題は実際のTOEICと離れ、ちょっとひねりすぎではないか、と思わせる設問もあります。ただ全体総じて、くせの少ない、解きやすい問題集であることにはかわりありません。


■続きを読む


この記事は2006/6/14に作成しました。

▼ 【 0300速読【英語】の書籍 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら