本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




脳を鍛える 速読道場 7つのメソッド |アスク

脳を鍛える 速読道場 7つのメソッド脳を鍛える 速読道場 7つのメソッド
アスク
Macintosh CD-ROM
発売日 2003-09-26
定価:¥3,990(税込)
価格:¥2,980(税込)


ビジネスや学習で役立つ「速読」をパソコンさえあればどこでも訓練できるユニークなソフト。「7つのメソッド」とは「視野拡大」「視点移動」「記号練習」「文字練習」「記憶練習」「字幕読み」「理解力練習」の7種類の練習方法のことで、全30項目のトレーニングが搭載されている。
もちろん、早く読むだけでなく読んだ文章をきちんと理解できなければ意味がないので、記憶力や文章理解力も同時に強化する総合的な速読トレーニングになっている。自分の成績や成長記録をグラフ化できる「練習履歴画面」が用意されているので、学習面での弱点を素早く把握し、それをもとに練習メニューをカスタマイズすることも可能だ。
本製品の内容は、監修を行っている「日本速読・記憶セミナー」の授業を完全にシミュレートしているため、自宅にいながらにして教室に通うのと同じ効果が得られる。忙しいビジネスマンや近くに教室のない人にはありがたいソフトだ。(三井貴美子)

寝付きをよくする安眠道場7つ目まで起きていられるか? 2005-06-09
唯一のMac対応の速読トレーニングソフトだったため、Macユーザーの私は、他ソフトと比較することなく、これを買いました。「ベーシックトレーニング」という複合練習は1セット25~30分。眼球トレーニングで始まり、記憶力のトレーニングで終わる内容です。この中の「記号練習」、「文字練習」というトレーニングが難所です。これらは、4個以上の記号ブロック、4字以上の文字ブロックごとに目を動かすトレーニングなんですが、とにかく眠くなります。ここをしっかり起きて通過できれば、記憶力のトレーニングに進めますが、ここで睡魔に襲われるとそれどこではなくなります。寝だめできる休日には速読道場として、寝不足がちな平日には安眠道場として、2通りの使い方できます。


■続きを読む


この記事は2006/6/14に作成しました。

▼ 【 0400速読のソフトウェア 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら