本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




頭がよくなる速読術 for Windows |ケンテイ・ドット・コム

頭がよくなる速読術 for Windows頭がよくなる速読術 for Windows
ケンテイ・ドット・コム
Windows 95 CD-ROM
発売日 2003-02-14
定価:¥20,790(税込)




新日本速読研究会の通信講座セットとほぼ同一内容 2003-04-10
 開発元である新日本速読研究会は、コンピューターのよる速読訓練の先駆け的存在である。同類のソフトウェアの多くは、本ソフトウェアから発展、派生したものであると言うことができる。つまり、よく言えば「本家」であるが、悪く言えば「古い」ということになる。新しく発売されたように見えるが、内容は従来からの通信講座セットとほぼ同一の古いものである。
 ただし、シンプルな構成ではあるが、その効果のほどは歴史的に実証されているといってもよいと思う。私も1分4000字弱の速読を達成できた。(他のソフトも併用していたが。)
 高価な商品であるので、新日本速読研究会や発売元のウェブサイトを見て十分検討してから購入することをお勧めする。


■続きを読む


この記事は2006/6/14に作成しました。

▼ 【 0400速読のソフトウェア 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら