本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




快速読書法―環境を読んで速読のコツをつかむ |速読速解法研究センター

快速読書法―環境を読んで速読のコツをつかむ
速読速解法研究センター
メディアルウ 刊
発売日 1993-10
価格:¥1,325(税込)




私でも速読できた!! 2004-08-18
速読関連の本は何冊となく読んできましたが、どれも習得できませんでした。某本では、「潜在意識には情報が入っているので、読んだ気がしなくても
大丈夫」みたいなことを書いてあり、その本の通りにして成功した人も
いますが私には向いてませんでした。でもこの本は読み進めながら速読の練習ができ、本の最初のほうでは1文字ずつ丁寧に読むことしか出来なかった私が、読み終わる頃には
速読をほとんどマスターし、200ページ以上のこの本を短時間で読み
終わることさえ出来ました。この本のメソッドを使い、他の本を読むときに練習すればさらに速く、
正確な情報処理ができると思います。やっぱり毎日練習することで力を伸ばし、持続できると思います。まだ完璧に習得したわけではないですが、毎日練習したいと思います。


■続きを読む


この記事は2006/6/14に作成しました。

▼ 【 0100速読の書籍 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら