本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




超聴き・超読みであたまの回転がみるみる良くなる! |斉藤 英治

超聴き・超読みであたまの回転がみるみる良くなる!超聴き・超読みであたまの回転がみるみる良くなる!
斉藤 英治
日本実業出版社 刊
発売日 2002-04
価格:¥1,575(税込)


今の倍のスピードで仕事が処理できればいいのに…などと想像しながら、日々の仕事に追われているビジネスパーソンにとって、「頭脳の回転を4倍にする」という本書のトレーニング法は耳よりかもしれない。
トレーニングの概要は、通常の4倍速の音声を聴き取る力と速読術を磨くことで脳の回転を向上させ、そこから速く考える「速考」と、速く書く「速書」によるアウトプットを実現させようというもの。とくに聴覚への刺激と視覚への刺激を並行させて相乗効果を狙っている点はユニークで、そのメカニズムや効果は大脳生理学などで根拠づけられている。速さに感覚を慣れさせるという原理はわかりやすく、納得できるものだ。
具体的には、付録の特別処理された音声CDを用いて、1倍速(1分間400字)の音声を聴きながら文章を読み、やがて2倍、3倍、4倍にする方法や、その際の目標設定、意識の集中のしかたなどが解説されている。「速読」には専用のテキストが付くほか、「スキミング法」「スキャニング法」「キーワード読み」などいくつかの技術も紹介されている。また「速考」ではイメージトレーニングが、「速書」では口述筆記の方法などが提案されている。
著者は、「速聴」「速読」「速考」「速書」を1つのサイクルにして、「これを周期的に繰返してこそ、頭は効率よく回転する」とし、「4倍速の回転力があれば、同じ時間内にほかの人の4倍もの知的生産物を生み出すことができる」と論じている。もし実現できるのなら願ってもないことである。もちろん、トレーニングを続ける努力が前提であるが。(棚上 勉)

前はなかなかの本でした 2005-11-01
速読と速聴をとりあえず、という内容ですが以前はそれなりにおすすめ
できる本だったと思います。
しかし、速読の技術的な側面に関しては同著者の他の本でこれよりも
よい内容でまとめてあります。
さらに速聴も最近出た逆聴の本の方が断然いいと思います。
どちらも買えば2冊買うことになるわけですからこの本を買うより
当然高くつくわけですがそれだけの価値はきっとあります。
この本も「よかった」のですが今はそれよりいい本があるわけです。
それでも敢えてこの本1冊で、というなら内容がよくないということは
ないのでお勧めしますが。


■続きを読む


この記事は2006/6/14に作成しました。

▼ 【 0100速読の書籍 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら