本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




「他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい」三浦 哲、中経出版

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい」三浦 哲、中経出版
(2004/12)¥1,365

【私の評価】★★☆☆☆


■著者紹介・・・三浦 哲(みうら さとる)

 獨協大学卒業。米国ウエスタンケンタッキー大学卒業。
 新潟県長岡市で学習塾「ソフィー長岡教室」塾長
 経営者のための「ソフィー・ザ・経営者英語大学」学長


─────────────────

お金持ちになるために、洋書を読みましょう!という一冊です。

 神田 昌典さんが、米国でのマーケティング手法を
 日本に紹介して大成功したのは、よく知られています。

 実際、アメリカのほうが一歩進んでいるのでしょう。

 ・アメリカの経営に関する本のほうが、かなり控えめに言っても、
  日本より少なくとも5年は進んでいるね。(p29)


●この本で紹介されている速読のポイントは、
 予備知識を頭に入れておくというものです。

 英語の本を読む前に、
 関係する日本語の書籍を読んでおくのです。

 ・「洗濯」という文章のタイトルを知り、
  話の全体像がわかった後で、文章を読んでみると
  理解度が全然違ってくるよね。(p83)


●そのために、読む目的をはっきりさせ、
 その目的のための関係書籍を集めるのです。
 事前に予備知識があれば、英語でも中味の予想ができそうです。

 この本では、これを「フォーカスする」という表現になっています。


●読んだ本の内容の整理には、
 マインドマップを推奨しています。

 マインドマップを作ることで、
 自分の頭のなかをはっきりさせ、
 読み足りない部分もはっきりしてきます。


●洋書を読むことのメリットは大きいようです。

 できれば、推奨本100冊でも紹介していただければ、
 ★4つと思いましたが、

 自分で探さなくてはならないようですので、★2つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・いちばん大切なのは、「今、自分がどんな本を読みたいのか?」
  を自覚すること。(p177)


 ・「覚えられない!」と前日にイライラするよりも、
  1回寝て、起きて、それからもう一度やってみると頭にスッと
  なじむ感じがする・・・カレーライス効果(p109)


 ・まず最初に過去の問題を1回やってみること・・・
  最初の点数が悪ければ悪いほど、その成長はくっきり現れます。
  そこで非常に大きな満足感を得ることができます。
  だからまず「健康診断」から始めましょう。(p172)


▼引用は、この本からです。

他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい
三浦 哲
中経出版 (2004/12/01)
売り上げランキング: 17285
おすすめ度の平均: 4.0
4 題名通りの内容ではないためか
1 読む価値なし
4 挑戦的なタイトル、くだけた内容

【私の評価】★★☆☆☆


■関連書評■
a. 「お金と英語の非常識な関係(上)」神田昌典
【私の評価】★★★★★


b. 「英語の会議にみるみる強くなる本」スティーブ・モリヤマ
【私の評価】★★★★☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

▼ 【 0100速読の書籍 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら