本のソムリエが、速読フォトリーディングの書籍、ソフトウェアを徹底紹介します。




「レバレッジ・リーディング」本田 直之、東洋経済新報社

レバレッジ・リーディング」本田 直之、東洋経済新報社(2006/12)¥1,523
【私の評価】★★★☆☆(72点)


■著者紹介・・・本田 直之(ほんだ なおゆき)

 シティバンクなどの外資系企業を経て、営業支援アウトソーシング業の
 バックスグループ取締役としてJASDAQへ上場。
 現在、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役として、
 ベンチャー企業に資本・経営参加している。


─────────────────

●目的を持って一日一冊読む、アウトプットする・・・
 著者は私とまったく同じことをされているようです。

 そして、それを仕事で生かし、
 書籍代の100倍以上の利益を生み出しているといいます。
(私は3倍くらいでしょうか)

 ・インプットするだけでは、ただの自己満足にすぎません。
  いかにアウトプットするかが勝負です。(p33)


●本は非常に安い投資であるという認識、
 本の端を折りながら一日一冊読む方法、
 すべて私と同じです。

 ・ひとかどの経営者なら、必ず月に十数冊のビジネス書に目を
  通しているはずです。・・・「一流の経営者になったから読む」
  のではありません。彼らは無名の時代から本を読んできたからこそ
  成功できた(p44)


●私の代わりに書いてくれたような一冊でした。
 私の無料レポートと比較してみると面白いかもしれません。
 ★3つとしました。

※私の無料レポート「一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法」
 ダウンロードはこちらから→ http://tinyurl.com/ytfwcf


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・本を読む目的を明確化する(p98)


 ・本棚を使った簡単整理法・・・面白い本やためになった本は本棚の上のほうに置き、
  つまらなかった本、得ることの少なかった本は下のほうに置いていきます。
  そして、本棚に入りきらなくなったら一番下の段にある本から捨てていく(p165)


▼引用は、この本からです。

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社 (2006/12/01)
売り上げランキング: 144
おすすめ度の平均: 4.0
4 沢山本を読んで見ようという意欲を与えてくれる本
5 読後すぐに実践できます
5 一生勉強

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■関連書評■
a. 「成功読書術」土井 英司
【私の評価】★★★★☆

b. 「大人のスピード勉強法」中谷 彰宏
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

▼ 【 0100速読の書籍 】の最新10件
【速読フォトリーディングとは】
本を読むのが遅い人と、速い人がいます。私は一日一冊以上の本を読んでいますが、どこが違うのでしょうか。

私は、飛ばし読みをすることもありますが、基本的にはちゃんと一字一字文字を追っています。ただし、その追い方は、普通の人よりは速いようです。

そして、細かいところは気にせずに、この文章が何を言いたいのかについて、飛ぶように読んでいる感覚とも言えるでしょう。

そして、事前に読む本をぱらぱらとページをめくって、だいたいどのようなことが書いてあるかを確認して、しばらく時間を置いてから読むということも、速読のために効果的なようです。頭を本の内容になじませる効果があるのかもしれません。

しかし、こうした速読の技術は、必ずしも絶対必須の技能ではありません。なぜなら、いくら速く読んでも、良い本を読んでいなければ意味がないからです。

ですから、私、本のソムリエは、 【読書普及研究所】で良書を紹介しているのです。ぜひ私のお勧めの書籍を参考にして、良書をじっくり読んでください。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら